コーンズ・モータースの
歩みとこれから

HISTORY

江戸時代末期の文久元年(1861年)の創業から約一世紀、1964年にコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは自動車事業をスタートしました。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは海外メーカーから、いち早く高級車の正規輸入権を獲得しインポーターとなります。
インポーター業だけではなく自社としての販売店も持ち、富裕層をターゲットとした事業を展開してきました。

ブランドとの歩み

  • 1964
    イギリス「ロールス・ロイス&ベントレー・カーズ社」の輸入権を獲得し、
    「ロールス・ロイス」と「ベントレー」の正規輸入を開始します。
  • 1976
    イタリア「フェラーリ社」の日本総代理店として「フェラーリ」の正規輸入を開始しました。
    当時はまだフェラーリが日本であまり知られておらず、年間販売台数は約30台ほどでした。
    同年は日本で初めてF1グランプリが開催された年でもあり、コーンズは以降、
    日本で開催されるF1グランプリにおいてフェラーリF1チームのサポートを行い、
    2008年のフェラーリ・ジャパン設立までこの関係は続きました。
  • 1980~
    1980年代からのフェラーリの需要の高まりと共に、長年にわたり取り扱ってきた英国車の需要も高まり、
    コーンズの自動車事業は大きく伸びていきました。
  • 2012
    事業拡大に伴いコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドより独立し、
    「コーンズ・モータース株式会社」を設立。
  • 2013
    高級輸入車市場における事業強化を目指し、イタリア「ランボルギーニ」の正規ディーラー権を獲得し、
    取り扱いを開始しました。

現在

ロールス・ロイス、ベントレー、フェラーリ、ランボルギーニの4ブランドの取り扱いとなりました。
コーンズ・モータースは自動車事業の開始以来、量販車ブランドではなくハイラグジュアリーブランドのみを取り扱うスタイルを常に貫いています。

インポーターからディーラーへ

1960年代から高級輸入車のインポーターとして
歩みを進めてきました。
2000年代に入ると各メーカーの日本法人が設立され、
インポーターの役割を終え、
正規ディーラーとなりました。
当時、インポーターからディーラーとなった企業は
数多くありましたが、
現在もディーラーとして残っている企業は
わずか数社のみ。
その数少ない企業の一つがコーンズ・モータースです。

なぜコーンズ・モータースはこの大きな事業の変革に
対応できたのでしょうか。
それは常に“お客様と向き合ってきたから”です。

当時のインポーターは主に商社によって運営され、海外から仕入れた自動車を販売店に卸すことが一般的でした。そんな中、コーンズはインポーターとして自動車を仕入れるだけではなく、自社の販売店を持ち、お客様と向き合ってきました。利益を追い求めるだけではなく、エンドユーザーであるお客様一人一人に耳を傾け、お客様と一緒にブランドを育ててきました。コーンズは長い歴史の中で築いてきた信頼と実績で今日もお客様から愛され、正規ディーラーとして世界の名立たるディーラーと並び、確固たる地位を確立しているのです。

コーンズ・モータースならではの取り組み

ディーラービジネスの3本柱(新車販売、中古車販売、サービス入庫)のみならず、コーンズ・モータースでクルマを所有する喜びを体感していただき、お客様の満足度をより一層高めて頂くためにコーンズ・モータースならではの新たな取り組みを行っています。

  • Cornes Grand Tour

    2019年9月に初めて開催したこのツアーは、ポルトガルからスペインをお客様が日本でご使用されている愛車そのものを現地へ輸送し、ツーリングを行いました。
    数々の名所旧跡を訪ね、高級レストランやホテルでコーンズ・モータースならではのおもてなしを体感していただきました。

  • Racing Support

    フェラーリが世界各国で開催するワンメイクレースである「フェラーリ・チャレンジ」やランボルギーニが開催しているワンメイクレースの「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」などお客様のレース活動のサポートに取り組んでいます。

  • Owners Lounge 1861

    1861はコーンズ・モータースのお客様専用のレストラン&バーです。お客様がご友人やご家族との時間を楽しみたい時、またはビジネスでのご利用も可能なプライベート空間となっています。

これからもコーンズ・モータースは、
お客様に選び続けていただける
ディーラーを目指し、
車そのものだけではなく、
車を通じて新しい価値の提供を
続けていきます。