入社2年目 メカニック職 座談会

M.H
ベントレー
メカニック

M.K
ランボルギーニ
メカニック

R.M
フェラーリ
メカニック

─ 仕事をする上での知識はどのように覚えていますか?

M.H

担当ブランドであるベントレーについては座学ではなく、実際に作業していく中で覚えていきました。
入社当初は洗車を通して各車両の構造を把握して、その後は先輩が行う作業を横から見て学んで、少しずつ自分で作業していき、分からないことや気になったことがあればすぐに先輩に質問しています。
また時間があるときには、メーカーが作成している整備書を読むこともありますが、やはり現車に触れてみないと覚えられないことがほとんどです。

R.M

私も同じです。
他のブランドも同じだと思いますが、フェラーリにはメーカー指定の専用工具があります。もちろん、専門学校では扱うことはなかったので、入社後初めて触りました。
マニュアルを事前に読んでから使えば、形が特徴的なのである意味使い方は分かり易いのかもしれません。
座学よりも、とにかく実践あるのみ!だと思っています。

M.K

整備士として入社する前からコーンズで扱うブランドが好きだったので、車種や特徴など大まかには知っていましたが、詳しい商品知識や整備については分からないことばかりでした。
入社後学んだことに関してはとにかくメモをとっています。
覚えることはたくさんあるので難しいですが、特徴を掴んで覚えるようにしています。

─ 工場美化について、どのような取り組みを行っていますか?

M.H

毎朝工場の掃除をしています。
通常であれば全員で朝礼を行ったあとに掃除を開始しますが、現在は新型コロナウイルス感染症対策のため、朝礼は密を避けるためリーダーたちのみで行い、その間に他のスタッフが掃除をしています。
工場内だけでなく近くの道路も清掃して、お客様にいつでも気持ちよくお越しいただけるよう心がけています。

R.M

清掃だけでなく、備品の管理・補充も重要な仕事です。
自分の作業をする中で時間を見つけて備品のチェックをして、足りなければ補充したり、オイル受けの清掃などを行います。
私は東雲サービスセンターⅠの備品管理担当をしており、倉庫の管理をしています。
備品それぞれにストック量が決まっており、少なくなれば発注します。
種類や消費量を把握するため基本的に新人が担当しており、後輩に余裕が出てきたら引き継ごうと考えています。

M.K

稀に工場内にお客様がいらっしゃるときもありますので、工場内を綺麗に保つことはとても重要です。
長期にわたりお預かりしているお車のオーナー様が様子を見にいらっしゃることもあれば、新車購入を検討されているお客様が、ボディカラーの参考にするために現車を見にいらっしゃることもあります。
サービスセンターには日々多くの車が入庫してきますし、作業に追われて片付けまで気がまわらないこともありますが、整頓された工場は作業の効率化にもつながると思いますので、ショールームと同じく工場内を綺麗に保つことも大事な仕事のひとつであるということを忘れずに働いています。

─ 安全対策について、どのような取り組みを行っていますか?

M.K

コーンズで取り扱うブランドは特殊な車が多く、特に私が担当するランボルギーニは運転時の視界が狭いため、誘導係は重役です。
私が働く東雲サービスセンターⅡでは、「ハザードマップ」というものを作成しています。
クルマを移動する際、誘導する際に事故が多発するゾーンがあります。そのような危険区域をマップにしてまとめて、安全には日々気を付けています。

M.H

誘導は新人でも行いますが、どこを見る・どこで誘導するなどは先輩を見て覚えます。
まずは基本に従って誘導をすることから始まり、あとは先輩の誘導している姿を見ていれば、立ち位置や注意すべきポイントなどは自然と覚えていきます。
また、毎日日替わりで各フロア2人ずつ誘導係が決まっていて、係になると自分が作業中でも、車両を移動する際には必ず自分の手を止めて誘導しに行きます。
これは新人・ベテラン関係なく決められています。

R.M

東雲サービスセンターⅠでは、毎朝メカニックがローテーションで注意事項に関するスピーチを発表する時間があります。
こちらも新人・ベテラン問わず発表していて、注意すべきと感じた出来事や、予想される事故やトラブルをチームで共有しています。
毎朝行うことなので自然と安全対策について意識は高まっていきますし、作業中ふとしたタイミングで思い出すことにより事故防止にも繋がっていると思います。

─ 1年目に行う点検・整備について教えてください。

M.H

1年目は、比較的回転率の高い作業を任されることが多いです。
具体的にはPDI(納車前点検)やベントレーのケア・プログラムと呼ばれる定期点検(12か月・24か月・36か月法定定期点検)などを担当しました。
診断が必要な作業はまだ経験が足りないので、新人が担当することはまずありません。
短時間で終わる作業を多く担当して、知識を蓄え経験を積んでいきます。

R.M

私も同じく、決められた内容の点検・整備を中心に担当していました。
それらの作業に加えて自分で車両の状態をチェックして、必要な作業の御見積書を作成します。
私が担当するフェラーリは車体の製造年の幅がとても広く、名前としては同じ作業であってもクルマの年代や状態が異なるので、イレギュラーが多発します。
どんな作業でも「前にやったことがあるから大丈夫」と油断することはありません。

M.K

車両によって個体差がかなりありますよね。
私は、入社当初はベントレーを担当していましたが、1年ほど経ったときにランボルギーニの担当に異動しました。
一番多かった作業はPDI(納車前点検)で、ちょうど担当が変わった時は入庫台数が多く、ウラカンEVOなどがたくさん入庫してきました。
またキャンペーンやリコールも、1年目でも出来る作業であれば担当することもあります。

M.H

コーンズでは新卒1年目でも、いろいろな作業を経験できると思います。
まずはルーティンのメニューを担当し1人で出来るようになることを目標として、その後は精度をあげられるよう努力を重ねています。

─ チーム力を感じるのはどのような時ですか?

M.K

先日、アヴェンタドールのオイル漏れの症状で、エンジンをボディから外して行う作業を行いました。
エンジンをボディから外す作業に1日半、再び取り付ける作業に2日、その間にメインの作業が入るので、約一週間ほどかかります。
エンジンをチェーンで吊るしていて、揺れてボディにぶつからないよう全方位を確認ながら慎重に作業を進める必要があるので、大人数で行います。
5,6人がかりで行うので、チームワークが必要となります。
この時の様子は写真付きで採用インスタグラムにて紹介しているので、是非ご覧ください。

R.M

私は日々の業務の中で、チーム力を感じています。
どんな作業にも人によって得意不得意がありますので、得意な方の経験や業務に関するコツをチームで共有し、作業の効率化を図っています。
また納車まであまり時間が無く業務に追われている方がいれば、全員で助け合い焦ってミスをしないよう、お互いを気遣っています。
普段から一人ではなく、チーム全員で作業に取り組んでいると感じています。

M.H

時にはどうしても慣れていない作業で、立ち止まることがあります。
しかし新人がつまずいている様子を見ると必ず先輩方が声をかけてくださって、すぐに答えを教えるのではなく、自力で答えられるよう促してくれます。
これは工場全体が、ただ正解を教えるのではなく導くようにアドバイスすることを意識しているためで、自分で成長する意識を高められる環境だと感じています。
たまたま残業が多い日には、「長くなると集中力が途切れるから、気を付けて!」であったり、「ちょっと休んだら?」と、声をかけてくださります。
自分の作業を行いながらもしっかりと周りのことが見えていて、本当に尊敬する先輩方ですし、私もこんな先輩になりたいと思うばかりです。

─ 就職活動中の学生へメッセージをお願いします!

M.K

車離れと言われる中、同じ職種として整備士という道を選んでくれて私も嬉しく思います。
5年後10年後など先を考えてどういうメカニックになりたいのか、どういう人と仕事をしていきたいか、その夢にあった職場を色々と探して見つけてください。
新型コロナウイルスの時期で大変かと思いますが、これから新しい一歩に向けて逆境にも負けず頑張って下さい。

R.M

就職活動は将来の自分について、大切な分岐点になると思います。
私が思う一番大切な事は、職場見学をしっかりし、自分なりに分析することが重要だと思います。例えば、設備・環境・雰囲気です。
これから、学生生活より長く生活をしていく場です。
見学をして、気になったこと・疑問など沢山質問するといいと思います。焦らずゆっくり、考えてみてくださいね。
個人的には、ものすごく設備・環境・雰囲気が良くとても働きやすい環境だと感じています。他のディーラーでは体験できない、色々なイベントもあり日々刺激的でとても楽しいです。
最後に、残り少ない学生生活を満喫してください。
学生生活でしか出来ない事が、まだ色々あると思います。就職活動・学生生活・遊びそれぞれ全力で頑張ってください。
お会いできるのを楽しみにしています。

M.H

就職活動は不安な事がたくさんあるとは思いますが、皆さん自身のフレッシュな部分を存分に出して頂ければ、自ずと貴方に合った素敵な会社に出会えると思います。
元気な挨拶や話す時の笑顔など、小さい事でも大きな結果がついてくる事もありますので、是非実行してみてください。
慣れない事の繰り返しで大変かと思いますが陰ながら応援しています。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!